チアルート・イムウェはジェダイ?ドニー・イェンがかっこいい!

ドニー・イェンはアジアを代表するアクション俳優!

f:id:fpcreca:20161121123531j:plain

この顔は初めて拝見させていただきました!こうみるとかっこいい俳優ですね!このアジアンスターである俳優ドニー・イェンのプロフィールから見ていきましょう!

スポンサーリンク

ドニー・イェンのプロフィール

生年月日  : 1963年7月27日
出身地   : 香港
身長    : 173センチ
配偶者   : カミラ・ソディ
代表作   : 「イップマン」「カンフージャングル」

1963年生まれで、現在は53歳になりますね。このローグワンでは香港アクションスターの真髄を見せてくれるでしょう!このドニー・イェンのキャリアはかなり長いのですが、不遇の時期を過ごされた経験も持っています。

彼のキャリアは1984年に始まっていますので、すでに30年以上もの年数を俳優業をしていることになりますね。そしてトニーが大ファンであったブルース・リーが彼が世に出る一つの大きなきっかけとなっています。

1995年のブルース・リーの「ドラゴン怒りの鉄拳」のリメイクTVドラマ『精武門』で主演をされていますね。これが全世界で累計22億人に見られたことで、知名度が急上昇したようです。

しかし、その後は香港映画そのものが縮小する時期と重なり、この時期はかなり苦しい時期を過ごされたようです。

2000年代に入ってついに開花!

そして2000年代にハリウッドに進出します。「ハイランダー/最終戦士」や「ブレイド2」に出演し、またその共演俳優にアクションの指導もされていたようです。

そして、8年越しで全米公開された「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝/アイアンモンキー」にも出演。知名度もかなり上がることになります。

そしてさらなるブレイクのきっかけとなったのが、チャン・イーモウ監督の「HERO」でジェット・リーと共演したことだったようです。その後香港映画界に戻って香港映画の再興に尽力を尽くすことに。

そして2008年にブルース・リーの師匠、葉問(イップ・マン)を描いた「イップ・マン 序章」に出演することに。その時の演技が香港電影金像奨の主演男優賞にノミネートされていますね。

やっぱりブルースリーとは何かと縁があるようです(笑)そしてそのイップマンの続編にも出演することで、香港アクション俳優としての地位を確立したと言えるでしょう!

そんな素晴らしい俳優さんがこのローグワンに出演します!楽しみです!

チアルート・イムウェについて

※ネタバレ注意です!

チアルート・イムウェは、盲目の僧兵として「ローグワン」に参加することになります!自らに厳しい修行を課し、そのすえに棒術をマスターしていますね。またジェダイが滅びたと思われていた時代でも、「フォース」の存在を信じている人物です。

f:id:fpcreca:20161122114324j:plain

予告編ではストームトルーパーと戦闘をしており、棒術でなぎ倒すアクションを見せていますよ!

イムウェは友人のベイズ・マルバスと共に故郷ジェダで銀河帝国と戦った経験があったことから、それでデス・スターの設計図を奪う「ローグ・ワン」に加わることを決意したようです!

フォースを扱うことはできませんが、このように信じている兵士がどのような戦いをするのかもかなり見る一つのポイントとなりそうですね!

ローグワンの公開までいよいよです!

スポンサーリンク
この記事をお届けした
スターウォーズ・全エピソードのあらすじや登場人物を語ろう!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする