ジョージ・ルーカスが熱望したレイアはあのハリウッド女優!

 その名はジョディーフォスター!

f:id:fpcreca:20161006192226j:plain

スターウォーズファンの間では、レイア姫がオーデイションで決まったのはよく知られていることだと思います。

今はレイア姫=キャリー・フィッシャーですが、実はジョージルーカスが最も熱望していた女優は他にいたんですよ。

「レイアはジョディーで撮りたい」

これがルーカス監督の希望だったのです。ご存知でしたか?

ジョディーはその後にアカデミー賞主演女優賞を2度も受賞するなど大女優になりました。

スターウォーズに出ていたらこうなったかどうかはわかりませんが(汗)

スポンサーリンク

ではどうしてジョディーはレイア役を断ったのか?

彼女はルーカス監督のオファーがあった時にはすでにディズニー制作の作品に出演しており、契約上の問題で出演できなかったようなんです。

そういえばスターウォーズがディズニー社に買収されたのも何か因縁めいている気がします。

この当時のジョディー・フォスターの年齢が15歳だったんですね。だからレイア姫の役もその年齢設定だったそうです。

しかしジョディー・フォスターが残念ながら辞退したので、年齢設定も18歳くらいに変えてキャリー・フィッシャーになったのです。

今となってはキャリー・フィッシャーでよかったような気がしますね。キャリーにとってもジョディーにとっても。

ただジョディーフォスターのレイア姫はかわいかったのかも!?笑

ジョディー・フォスターのプロフィール

1962年11月19日生まれで、アメリカ🇺🇸ロサンゼルスの出身ですね。

彼女のキャリアは2歳の時がスタートです。そして6歳の時にはすでにTV番組のレギュラーを持っていたようです。

日本で言えば安達祐実とか?

映画のデビューは1972年「Napoleon and Samantha」でマイケル・ダグラスが主演を務めた映画です。

そしてその4年後の1976年、スコセッシ監督の「タクシードライバー」で少女の娼婦役を見事熱演し、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされているんです。

この時はまだ13歳なんですね、とんでもない天才少女ですね。

そして1980年からは学業に専念していたのですが、「ホテル・ニューハンプシャー」で復帰します。

そしてついに1988年「告発の行方」でアカデミー賞主演女優賞を受賞しました。

その3年後の1991年「羊たちの沈黙」でアカデミー賞主演女優賞の2度目の受賞を果たしています。

その他「コンタクト」や「パニック・ルーム」など代表作は多数ありますね。

同性婚したことでも話題に!

子供の頃から超有名な女優だったジョディー。

13歳でアカデミー賞の助演女優賞を取るなど、天才的な演技は流石の一言につきます。

また2013年に同性愛者であることをカミングアウトしています!そして2014年に同性婚をしていますね!

同性愛者であることは

1000年も前からカミングアウトしてる!

という男前の発言もしていたようです!

ともあれ、キャリー・フィッシャーもジョディー・フォスターもいい感じに年齢を重ねられていますね!

ただやはりジョディーフォスターの演じたレイアのことを想像するだけでかなり楽しくなります。何がって?

パドメ(ナタリーポートマン)の産んだ子供がレイア(若かりしジョディーフォスター)ならどう思いますか?

f:id:fpcreca:20161006191632j:plain

納得できる!

そうなんです、美人の子供は美人で!

f:id:fpcreca:20161006191821j:plain

そんなことを考えながら見るのもたのしいですよ!

スポンサーリンク
この記事をお届けした
スターウォーズ・全エピソードのあらすじや登場人物を語ろう!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする