スターウォーズ/エピソード7のフィン(ジョン・ボイエガ)のプロフィール

フィンはデビルマンになれるのか!?

スターウォーズ・エピソード7/フォースの覚醒に、新キャラクターとして登場しているフィン。

まさかの裏切り者が出るとは思いませんでしたね(笑)また今後のストーリーでも重要な役割がありそうです!

スポンサーリンク

フィン役の俳優はジョン・ボイエガ!

今回の重要な役割を持つであろうフィンの役に抜擢されたのは、ジョン・ボイエガ(ジョン・ボヤーガという表記もある)という俳優さんですね!

簡単なプロフィールとしては、1992年3月17日生まれの24歳でイギリス/ロンドンの出身だそう。

2011年に「アタック・ザ・ブロック」という映画に出演しています。その出演した役どころは、主人公である不良グループのリーダー役といったものでした。

この時の演技の評価がかなり高いものだったそうです。

 

そしてこの「アタック・ザ・ブロック」の後、映画監督としてかなり有名なスパイク・リー監督のTVシリーズに出演予定だったようです。

スパイク・リー監督にも認められたということでしょうか。

しかし、「Da Brick」というTVシリーズは放映されることはなく、企画自体がボツになってしまいました。

そのTVシリーズというのはボクサーで元ヘビー級チャンピオンだった「マイク・タイソン」の青春時代を描いた作品だったようです。

確かに比べてみると顔がマイク・タイソンに似ているのです。

f:id:fpcreca:20161004200541j:plain

そしてこのジョン・ボイエガは、イギリスの将来有望な俳優に贈られる賞の

「ザ・EE・ライジング・スター・アワード2016」

にもノミネートされていて本国においても将来の活躍が嘱望されていることがわかります!

スパイク・リー監督のTVシリーズは残念でしたが、今回のスターウォーズ・エピソード7の抜擢には「アタック・ザ・ブロック」の評価がかなり大きいと思います。

しかし7ヶ月もの間の過酷なオーディションを勝ち抜いてきたのは知られていない事実かもしれません。

そしてジョン・ボイエガ自身、今回のスターウォーズが8作目の映画作品のようです。

日本が大好きなジョン・ボイエガ

スターウォーズ・エピソード7/フォースの覚醒のPRで来日した際、ジャパン・プレミアにおいて「火影」(ほかげ)になりたい!と連呼していたそうです。

「火影」というのはアニメ「NARUTO」のキャラクターなんですよ!これで日本のアニメ漫画オタクを仲間にしましたね!

それと日本のことは絶対に嫌いではないでしょう。嫌いな国の漫画なんて読みませんから(笑)

「フィン」はエピソード8以降でどんな役割を果たすのか?

【ネタバレ注意!】

これから先はエピソード7を見た僕が、フィンについての予想を書くだけですので正しいかどうかは全くわかりません(笑)

ただ、エピソード7の公開前からストーム・トルーパーがマスクを取ったこと自体が不思議だった人が多かったのも事実です。

フィンは帝国軍の兵士だったにも関わらず、レジスタンス側の人物であるポーを助けるところから物語が始まりました。

彼は基本的には平和主義者なんだと思います。そして自分の故郷が帝国軍に占領されて、焼き打ちされたことで帝国軍を心の底で憎んでいます。

そういうこともあってフィンは帝国軍を裏切ったわけですが、レイア将軍(姫)率いる「レジスタンス」に加わることは想定の範囲内ではありますね。

フィンは物語のフィナーレあたりで『カイロ・レン』とのライトセーバー対決で敗れてしまいました。あの時に重傷を負ってしまいましたが、ひょっとしてフィンもジェダイになるのかも?

そうなればレイの強力の援軍になるのかも?なんて色々想像が膨らみますね!

今回の新3部作において、フィンはかなり重要なキャストであることは間違いありません。

でもやっぱりこうやって調べて見ると、前の3部作がどうしても見たくなってきますね!

無料動画ででも配信されていますので、そちらで復習しておく方がよいでしょう!

スポンサーリンク
この記事をお届けした
スターウォーズ・全エピソードのあらすじや登場人物を語ろう!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする