最後のジェダイでローズ・ティコ役はケリー・マリー・トラン!

スターウォーズ・最後のジェダイで新しいキャラクターとして登場したローズ。

スターウォーズの正史の中で初めてアジア系の俳優が採用されたようですね。

ディズニー社の多種多様性を意識しているのが本当によくわかる配役構造かもしれません。

そしてこのローズですが、最後のジェダイの中では重要なキャラクターになっていますよ!

少しネタバレを含みますので、見た人が読んでくださいね!

スポンサーリンク

ケリー・マリー・トランのプロフィールは?

彼女は新進気鋭の女優ということであまり情報がありませんね。

生年月日は1989年1月17日生まれということですので、最後のジェダイ公開時は28歳になります。

サンディエゴ出身で身長は157センチとそれほど背は高くありませんね。

またテレビで小さい役をしたり、コメディをしていたりするようです。

https://www.instagram.com/p/BckbBJBFgjF/

ベトナム系の女優であることがわかっていますが、両親が戦争中にアメリカに渡ってきたということ。

彼女はアメリカで育っていますが、顔から見てもアジア人であることはよくわかりますよね。

これまでの出演作品は?

高校の時から演技に興味を持ち始めた彼女ですが、大学はUCLAを卒業しているみたいですね。

UCLAというとかなり有名な大学ですよね〜名門というイメージがあります。

キャリアは2011年の頃からありますが、短編映画が中心でメジャーな映画は今回の最後のジェダイが初めてのようですよ。

スターウォーズはデイジー・リドリーもそうですが無名の俳優を結構起用しますよね。

ケリー・マリー・トランも今回の出演で一躍有名になりましたよ!

彼女のインタビュー動画もありますよ!

ローズはスターウォーズファンから嫌われている?

ローズのことを調べていると、ファンから「嫌われている」というような記事を散見しました。

それによると、自分勝手な行動が多く、行動に不快感を与えるというようなものですね。

ジャージャービンクスの再来とも言われているとか(笑)

詳しくはこちらのサイトなどで説明しているので見てください。

ただネタバレ満載ですので、その辺りはご注意を(笑)

でもジャージャービンクスってそんなに嫌われていたんですね〜

全く知りませんでしたよ(笑)

ローズとフィンの恋の行方は?

ネタバレ注意!

ローズは宇宙船の整備士という役どころでしたが、そのただの「普通の人」が重要任務?を背負い色々と活躍する様はなかなか面白かったように思います。

だから不快な人が多いというのは、ちょっと私はよくわかりませんが(笑)

ただフィンのことを好きになっているという描写はよくわかりました。

最後の命をかけてフィンを止めるところなんかは、好きな人のために命をかけているんだな〜と思いましたが。

あのシーンのあとでは彼女は死んでしまったのかと思いましたが、多分死んではなさそうです。

そうなるとフィンとローズの恋の行方?はどうなっていくんでしょうかね。

でもフィンはバリバリでレイのことが好きなのは間違いないですけど、ここは恋愛関係に発展するわけはないと思いますので。

ただ次作エピソード9での注目ポイントにはなると思いますよ!

ローズの今後の活躍にも注目ですね!

スポンサーリンク
この記事をお届けした
スターウォーズ・全エピソードのあらすじや登場人物を語ろう!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする