フォースの覚醒の最初の老人は誰?オビ=ワンに似ている!

スターウォーズ・最後のジェダイの公開日に地上波で放送予定のフォースの覚醒。

なんとノーカット版で放送されるとのことで、時間は12月15日の21時から23時39分です。

最新作を見る前にはぜひとも見ておきたい作品になりますので、15日に見に行かない人はフォースの覚醒を地上波で見るのがいいかもですね。

スポンサーリンク

最初に出てくる老人は?

フォースの覚醒で映画の冒頭に出てくる老人がいますね。

ポー・ダメロンにルークの居場所を渡す老人ですが、なぜ彼がルークの居場所を知っているのでしょうか?

そしてルークの地図を持っていた超重要人物にも関わらず、すぐにカイロ・レンに殺されてしまいます。

その時のカイロ・レンとの会話のやり取りが次のようなものでした。

「ファースト・オーダーはダークサイドから生まれたが、お前は違う」
「見せてやろうか、ダークサイドを」
「やるがいい。だがお前の本来の家族、真実は変えられん」

~WOOKIEEPEDIA

老人の名前はロア・サン・テッカ

この彼の名前はロア・サン・テッカという名前になりますね。

演じている俳優さんはマックス・フォン・シドーという俳優になります。

惑星ジャクーで隠遁生活を送っていたロア・サン・テッカは謎の人物ですよね。

多くの人がこの人は一体誰?という感じで調べるのもわからなくはないですよね(笑)

先ほどの会話から考えられるのは昔からカイロ・レンのことを知っているということ。

しかもカイロ・レンも「老いぼれた」、という主旨の発言をしていることから、顔見知りであることは間違いないはずです。

後ポー・ダメロンがテッカに話すときに、レイアのことを「将軍」と言ったときにも「将軍?」と聞き返していることからもレイアのことも間違いなく知っているわけです。

オビ=ワンに酷似している

それとこの人の容姿を見た時に、スターウォーズファンであれば誰しも思ったのがオビ=ワン・ケノービに似ているということでしょう。

そして似ているのは顔だけではないんですね。

EP7で主人公レイがいたのは惑星ジャクーで、テッカもジャクー。

EP4で主人公ルークがいたのはタトゥイーンで、オビ=ワンもタトゥイーンでした。

またダークサイドに転向した相手に殺されるといったところも同じです。

どう考えても何か秘密を持っている人にしか思えませんが(笑)

ローグワンに出ていた?

そしてファンの間ではローグワンの公開前には

「ローグワンに出演しているのではないか?」

という噂があったようですね。

残念ながらロア・サン・テッカという登場人物はいませんでしたが、オビ=ワンがベン・ケノービと変えたように彼も変えた?

このように考察していくと、最後のジェダイでロア・サン・テッカのことがルークの口から何か語られるのかもしれません。

例えば「どうしてここがわかった?」とレイに聞くときとか。

謎の人物ロア・サン・テッカの名前をみなさんきちんと覚えておきましょう!

スポンサーリンク
この記事をお届けした
スターウォーズ・全エピソードのあらすじや登場人物を語ろう!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする