最後のジェダイをハリウッド・プレミアで見た米国人の感想は?

スターウォーズ・最後のジェダイが全世界でもう公開されますね。

とにかく早く見に行きたいと思っているのですが、羨ましいことにすでに見た人がいるようですね。

アメリカでハリウッドのプレミア上映会があったようですが、これで見た人の感想がSNS上に上がっているとのこと。

ネタバレはさすがに嫌なので、読むのをためらいましたが、概ね評価は上々のようですよ!

スポンサーリンク

ハリウッド・プレミア上映会の感想

ハリウッドプレミア上映会は現地時間の12月9日に行われたようですね。

ジャパンプレミアが12月6日だったので、出演者は大忙しということになりますよね~

この上映会には、ライアン・ジョンソン監督はじめデイジー・リドリー(レイ)、アダム・ドライバー(カイロ・レン)、ジョン・ボイエガ(フィン)とさらにルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)が出演していたようです。

ジャパンプレミアに出席予定だったデイジーは結局来日はできなかったみたいですが、今回のハリウッドには出演したとのことですね。

やはり熱気はすごいものがあったらしく、改めてファンのスターウォーズ愛の大きさに感動したようですよ!

SNS上での反応は?

そのプレミア上映会ですでにみた羨ましい人たちが、ツイッターなどで感想をつぶやいているようです。

その中で代表的なものを少しご紹介します。

米GizmodoのGermain Lussierさんは次のようにつぶやいていました。

『最後のジェダイ』は「全て」だ。緊迫感、面白さ、感情、興奮。全てが凝縮されて、口をあんぐり開けちゃうような驚きのシーンも複数あって、ほんとに、ほんとに大好きだ。まだ震えてる。

次にEntertainment WeeklyのAnthony Breznicanさんもこのようにツイートしていますね。

ルークは正しかった「これはお前が思うようにはいかない」。『最後のジェダイ』はあなたを打ち砕いて、それからまたあなたを元通りにしてくれる。

他にもまだまだたくさんありました。

GIZMODOのこちらのサイトで参照してくださいね。

最後のジェダイを見た感想は上々

和訳されたツイートを読んでみましたが、ほとんどのツイートは「いい感想」だったように思えます。

ただツイートしているどの人もネタバレ的なことは言っていませんね。

そしてこのようなツイートもありました!

ABC Newsの特派員Clayton Sandellさんが重大なことを言っていますね。

みんな、ライアン・ジョンソンは一番エピックで、感情的にパワフルな『スター・ウォーズ』映画を作ったぞ。楽々と。僕のアドバイスは、ネタバレにはくれぐれも注意ということだ。『最後のジェダイ』については知らないことが少なければ少ないほうがいい。ブラボー、ブラボー、ブラボー。

ネタバレを見ずに、あまり知らない状態で観に行くのがいいとのこと。

こんなことを聞くとやっぱり早く見に行きたくなりますよね!

ライアン・ジョンソン監督のエピソード10以降も期待!

そしてこれだけ多くの人が好意的に受け止められるということは、ライアン・ジョンソン監督が指揮を取るエピソード10以降の作品も期待できることになるのでは?

とにもかくにも公開はもうすぐです!

みなさん、ネタバレ記事には十分注意しましょうね!

スポンサーリンク
この記事をお届けした
スターウォーズ・全エピソードのあらすじや登場人物を語ろう!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする