ネタバレ注意!最後のジェダイでレイの正体と両親がわかった?

エピソード8/最後のジェダイが公開されましたね!

公開してすぐに見に行きましたが、夜中だというのにすごい盛り上がりでしたよ!

特に最初のタイトルロールが出た時にはガッツポーズをしている人もいましたからね〜

改めてスターウォーズ人気のすごさがわかりました(笑)

そしていよいよ最新作が上映されたわけですが、本当にハラハラドキドキの展開でしたね。

今作品で焦点の一つであったレイの正体ですが、わかったのかどうか?

ネタバレを含んでいる部分もあるのでまだ見ていない人は見ないでくださいね!(笑)

スポンサーリンク

レイの両親はだれ?

前作「フォースの覚醒」から様々な憶測を呼んできたレイの両親。

ルークの娘とか、ダース・シディアスの娘だとか色々と言われていましたね。

ただ最後のジェダイの公開前には、ルークの娘ではないな、という事がだんだんわかってきたように思えました。

そうなるとやはりダークサイド側の娘なのか?とも思いましたが。

カイロ・レンに両親の存在を告げられる!

ここからネタバレ注意!

前作の途中からフォースが使えていたレイですが、そう考えた場合にはジェダイかシスのどちらかと考えるのが普通です。

ただもう一つの説として、アナキンのようにミディクロリアンから生み出されたとも考えられますね。

そして最後のジェダイの中で真実に近い事がカイロ・レンの口から告げられることになります。(本当に真実かもしれませんが)

それが次の衝撃の言葉です。

「お前の両親は何者でもない。単に飲み代欲しさにお前を売り払ったロクでなしなんだよ。お前は捨てられた存在なんだ。」(意訳してます)

これはカイロ・レンとレイがフォースを通じて交信していた時に、お互いの事を知る事ができていたんですよね。

その時に、カイロ・レンはレイの中にある闇の部分と両親の存在について知る事ができたという事なんです。

そして今この両親はジャクーの共同墓地に埋蔵されていて、それはレイもわかっていたはずだと。

ただレイはその現実から目を背けたかった、というのが最後のジェダイにおいてのレイの両親の存在になりましたね。

両親の存在がカイロ・レンのいう通りなら?

カイロ・レンのいう通りであれば、レイの両親の存在はクローズアップされるほど大きい存在ではありませんよね。

帝国の逆襲の時のような、ダース・ベイダーがルークの父親だったというような衝撃は特にありませんから。

ただ誰もが思いつかなかった展開であることは事実です。

仮に普通の人から強大なフォースが生まれたとしたら?

今回の作品はそのような普通の人の中にもフォースがあるという、フォースの原点をもう一度確認する作品なのかもしれません。

エピソード9で全てが明らかになる!

今回の最後のジェダイは確かにいい作品ではあったと思うのですが、レイの正体については正直これが着地点のような気はしています。

ではなぜ普通の人がそれほどまで大きなフォースを使えるのか。

そしてなぜ名もなき彼女が、運命に導かれるような形で強大なフォースにを持てるようになったのか?

もちろん三部作の間の作品ですから、全てが明らかになるわけではありませんが(笑)

考えられるとしたら、やはり現実の世界でもありますが、苦境を乗り越えた人物は強いという事。

生まれながらに不幸な運命を持っていたとしても、努力で這い上がれる事ができるという事でしょうか。

次作のエピソード9が早く見たくなりましたよ!

スターウォーズ・エピソード9の公開日が延長で2019年のいつになった?

今回の作品は最高傑作とも言われていますが、確かに面白かったです!

見ていない人はIMAXで見るのをおすすめですよ!

スターウォーズ・最後のジェダイはIMAX版か4DXかどちらがいい?

スポンサーリンク
この記事をお届けした
スターウォーズ・全エピソードのあらすじや登場人物を語ろう!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする